Noticias desde Colombia

コロンビアを中心にラテンアメリカの政治・経済・社会情勢Newsをお伝えします!

国際経済

【経済】OECD、2021年の世界経済予測を下方修正

OECDは、2021年の世界経済の成長率予測を当初発表の5%成長から4.2%成長へ下方修正しました。

コロナウイルスに効果があると発表されたワクチンの影響で、コロナ情勢下が好転する見通しではあるが、経済状況はまだ不透明な部分が多く、OECDは今週火曜、2021年世界経済の成長率当初発表の5%を4.2%に下方修正した格好になります。

OECDは「下方修正ではあるが、半年ごとに発表する世界経済の先行き見通しで、パンデミックが始まって以来希望の持てる発表になった」としています。

このコロナ・パンデミックは世界で148万人以上の死者数と6,390万人以上の感染者を発生させています。

メキシコは、2020年はマイナス9.2%となるが、2021年はプラス3.6%となる予測で、最大の懸念はコロナウイルスの国内封じ込めにあるとしています。

他2021年の経済成長予測で、米国は3.2%のプラス、ユーロ圏は3.9%のプラス、インドは7.9%、中国は8%のプラスになるとしています。

【出典:El Espectador紙 12/2】

******************************

OECDの成長予測が出て、メディア各社で報道されています。

どうも、「前年比で」という言葉が抜けたメディアが多く、なんだか勘違いさせる内容になりつつあります。今回のプレスリリースで発表された全通りの予測シナリオを紹介し、「前年比」と書いているのは、JETRO(日本貿易振興機構)だけです。

日本経済新聞社

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO66864150R01C20A2EE8000

毎日新聞

https://mainichi.jp/articles/20201201/k00/00m/020/366000c

Sankei Biz

https://www.sankeibiz.jp/macro/news/201202/mcb2012020603001-n1.htm

↓↓そのほかのコロンビア情報は下記URLをクリック!

↓↓ コロンビア・南米関連のおすすめ本です!


Follow me!

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP