Noticias desde Colombia

コロンビアを中心にラテンアメリカの政治・経済・社会情勢Newsをお伝えします!

社会

【社会】ボゴタ市、7/13から地区別に厳格な隔離措置実施へ

7/10(金)、ボゴタ市のクラウディア・ロペス市長は、ボゴタ市内ほぼ全域にAlerta Naranjaを発出し、一部地域での厳格な隔離措置を実施するとしました。

ボゴタ市政府によると、保健省と市長の会談後、COVID-19の感染拡大のために市内全域にオレンジ警報(Alerta Naranja)を発出するとともに、7/13(月)から地域別に14日間の強制隔離措置を実施することとしました。

「ピークに向かっていく中で、700万人をいっぺんに制御するのは不可能である」と市長は述べ、7/13(月)順に南部と中部地域を、その後に北西部地域で厳格な強制隔離措置を実施することとした。日時と地域は以下の通りです。

7/13~7/26の地域(中部&南部)

  • Tunjuelito
  • Rafael Uribe Uribe(住宅街)
  • San Cristóbal (南部密集地域)
  • Ciudad Bolívar (南部貧困地域)
  • Santa Fé (博物館とモンセラッテ山)
  • Usme (南部貧困地域)
  • Los Mártires (治安が悪い地域)
  • Chapinero (高級住宅街で日本人がいっぱい)

7/27~8/9の地域(南西部~北西部)

  • Bosa (歴史地域。感染者数4,249人で市内No.2)
  • Kennedy (古くからの住宅街。感染者数7,639人で市内最多)
  • Puente Aranda (工場地帯)
  • Fontibón (エル・ドラード空港)

8/10~8/23の地域(中部&北西部)

  • Suba (東部は高級住宅街、西部は貧困地域)
  • Engativá (広大な湿地帯)
  • Barrios Unidos (オシャレなビジネス街)

実施されない地域

下記の地域では、COVID-19の感染者が少ないため、今回の隔離措置外となった。

  • Usaquén (新興住宅街)
  • Antonio Nariño (靴の仕立て屋さんが多い。治安良い)
  • La Candelaria (政府系機関が密集)
  • Sumapaz (森。犯罪組織が潜伏しているとされる)
  • Teusaquillo (文教地区)

【出典:Semana】


↓↓そのほかのコロンビア情報は下記URLをクリック!

↓↓ コロンビア・南米関連のおすすめ本です!


Follow me!

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP