Noticias desde Colombia

コロンビアを中心にラテンアメリカの政治・経済・社会情勢Newsをお伝えします!

COVID-19関連情報 社会

【社会】ボゴタ市内病院のICU占有率が85%近くに上昇

厚生社会保護省は、7/6(月)のCOVID-19感染者数が1,085人になったと発表しました。また、現在の累計感染者数は全国では120,281人に増加しました。

都市別ではボゴタ特別市が、37,641人で、コロンビア全土で最も感染者数が多い地域となっています。以下、アトランティコ県(27,920人)、バジェ・デル・カウカ県(12,101人)、ボリーバル県(10,723人)、アンティオキア県(6,385人)と続いています。

Salud Dataによると、コロンビア全土で確認された新規感染者のうち、31.2%がボゴタ市で発生しています。それに伴い、市内のICU(集中治療室)の占有率が7/6(月)現在で84.7%に達しています。

ボゴタ市内病院のICU占有率マップ

【出典:SaludData

ボゴタ市におけるCOVID-19感染者総数のうち、54.8%が軽度、5.1%が中程度、0.4%が重症、22.5%は無症状経過観察中の患者です。さらに、14,097人が既に回復し、859人がCOVID-19及び関連死しております。

SaludDataは、「ボゴタ市で感染が確認された37,641人のうち、49%が女性で、年齢別では20歳~39歳の感染率が43.4%で一番高くなっております。感染者の発見場所は、93.2%が自宅、6.5%が病院、0.4%がICU(集中治療室)です。」と発表しました。

ボゴタ市の地域別では、ケネディ地区が最も多くの感染者発生地域であり、7,149件となっています。以下、ボサ地区(3,745人)、スバ地区(3,688人)、シウダーボリバル地区(3,104人)、エンガティバ地区(2,878人)となっております。上記5つの地域は、ボゴタ市全体での感染者の54.8%を占めています。

ボゴタ市では100,000人あたり270.7例のCOVID-19感染者が報告されており、死亡率は、男性で100,000人あたり13.4人、女性で100,000人あたり7.3人となっております。ボゴタは1,000,000人当たり4,719例の感染者数で世界の都市別で第9位となっております。

【出典:Semana

【ひとりごと】

(1)私は、現在ボゴタ市で一番感染者数の多いケネディ地区に住んでいたことがあります。ボゴタ市は、北部に行けば行くほど区画整理がしっかりしている傾向がありますが、南部のケネディ地区は住宅街や商店が密集しており、区画整理も進んでおりません。街角には最高で数百の露店が開かれており、ちょっとした名物であったりもします。さらにコラバストスというボゴタ有数の巨大市場があり、全国からヒト・モノが揃います。コラバストス市場の周辺は感染が深刻な状況となっておりますが、ボゴタ市のハブ市場なので、完全封鎖することはできないというジレンマがあります。

(2)ボゴタ市のICU占有率情報はSaludData以外に、ボゴタ市政府が発表しているリスト形式のものもあります。こちらを参照ください。https://datosabiertos.bogota.gov.co/dataset/porcentaje-de-ocupacion-de-los-servicios-de-hospitalizacion-general-ucim-y-uci-en-bogota-d-c/resource/4911565b-4518-4931-93de-d117c10dbdce


↓↓そのほかのコロンビア情報は下記URLをクリック!

↓↓ コロンビア・南米関連のおすすめ本です!


Follow me!

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP