Noticias desde Colombia

コロンビアを中心にラテンアメリカの政治・経済・社会情勢Newsをお伝えします!

コロンビア ニュース 経済

【経済】Uberがコロンビアでの営業許可を勝ち取る

Uber Colombia S.A.S社(以下、Uber社)は、コロンビアでの再営業許可を勝ち取りました。

2020年6月18日、コロンビア高等裁判所は、産業及び商業監督庁(SIC)によるUber社への不正競争法違反の訴えに対し、2019年12月20日より不正競争法違反により執行中であったUber社の営業停止処分を覆す判決を下しました。

さらに高裁は、2019年12月判決に伴い執行中である営業停止処分終了を宣言し、裁判前と同様、Uber社のプラットフォームがコロンビアで合法的に操業できる許可を発出しました。

SICは、裁判所の決定は法的な消滅時効に基づく決定であり、不正競争法違反の本質的な係争内容に基づくものではないことを強調しました。しかし、SICは現時点で高等裁判所の決定を尊重するとしました。

さらにSICは、当該案件を立法化することが必要であるとし、最高裁への上告の可能性を繰り返し述べました。また、「SICはすべてのデジタルプラットフォームを規制する必要性を主張し続ける」としました。

2019年12月20日に裁判所が決定した不正競争法違反およびUberによる顧客情報の転用によるUber配車アプリの禁止は、不正競争法違反事件の先例となりました。当決定には、Uber配車アプリのデータ通信を各通信会社間で停止することも義務付けているものでした。

この決定にUber Colombia S.A.S社はコメントを発表しました。

「我々が困難に直面している中、無条件でサポートをしてくれた方々に感謝申し上げます。今回の転機は、コロンビアが必要とする解決策に貢献するため、我々に一層のエネルギーを与えます。COVID-19が原因で直面している困難な経済状況を踏まえて、Uberはコロンビア共和国と協力して経済を回復し、何千人もの人々にさらなる利益を生み出す機会を提供することを目指していきます。 今般、COVID-19の影響を受けたコロンビア国民は、経済回復のこの時期に、Uberが素晴らしい代替事業であると考えています。」

以下、判決文(原文:スペイン語)です。

【出典:Revista Semana/El Tiempo/El Espectador】

↓↓そのほかのコロンビア情報は下記URLをクリック!

↓コロンビアに関するオススメの本です!

Follow me!

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP